就職/仕事 PR

左官やめとけ⁉︎収入を公開

「左官やめとけ」というフレーズを検索しているあなたは、左官という肉体労働が多くを要する職業について、真剣に考えているかもしれません。左官という仕事は、伝統的な職人技を駆使することで、建築物の美しさを引き出す重要な役割を果たします。しかし、その一方で年収や生活の安定性、特に自営業者としてのリスクなど、多くの懸念点が存在します。この記事では、左官として働くことの現実、特に肉体労働の側面や年収の実情、職人としてのやりがいと挑戦について詳しく解説します。左官職人としてのキャリアを検討している方にとって、この情報が有益な洞察を提供することを願っています。

左官工事業:厚生労働省公式HPはこちら

記事のポイント
  • 肉体労働である
  • 年収が平均的である
  • 季節や天候に左右される



左官やめとけ?その理由と現実を解説

  • 左官の仕事って何?基本を知ろう
  • 女性の左官職人の実情:大変な点とは?
  • 左官に向いてる人:必要な資質とは?
  • 左官の年収事情
  • 自営の左官のメリットとデメリット
  • 大成建設や鹿島建設の左官年収:業界大手の実態
  • 家庭生活と仕事のバランス
  • 左官年収5000万は可能?

まず、左官の仕事は非常に技術が要求される肉体労働であり、厳しい天候条件下でも作業を行う必要があります。夏は炎天下での作業が求められ、冬は厳しい寒さの中での作業が必須です。また、工期の遅れによる厳しいスケジュールの中で質の高い仕上げを求められるため、精神的なプレッシャーも大きいです。

経済的な側面では、左官の仕事量は近年減少傾向にあります。これは、新しい建築技術の導入や住宅スタイルの変化により、伝統的な左官技術を必要とする機会が減っているためです。その結果、安定した仕事の確保が難しく、特に若い左官職人にとっては将来のキャリアパスを見いだすことが難しくなっています。

このような現状が、左官業界で働くことに対する「やめとけ」という声の背景にあります。しかし、これは全ての左官職人に当てはまるわけではなく、個々の職人の技術力や独立して仕事を獲得する能力、業界内でのネットワークなどによって、状況は大きく変わることがあります。したがって、左官職人としての道を選ぶ際には、これらの現実を踏まえた上で慎重に考える必要があります。

左官の仕事って何?基本を知ろう

左官とは、建築物の内外壁に美しい仕上げを施す職人のことです。この仕事には、伝統的な技術と現代技術の両方が含まれており、その技能は非常に広範囲に及びます。

伝統的な左官の仕事では、主に自然素材を使用します。例えば、土壁は、土、砂、藁などを混ぜて作られ、これを壁面に均等に塗りつけ、乾燥させて仕上げます。また、漆喰(しっくい)は、石灰と水を主成分とし、抗菌性や調湿性に優れており、伝統的な日本家屋に多く用いられます。これらの素材は、夏の湿気や冬の乾燥を自然に調節し、居住環境を快適に保つ役割を果たします。

現代の左官の仕事では、コンクリートの壁面やタイル張りの仕上げが主です。コンクリートの場合、表面を滑らかにしたり、特定のテクスチャを出すために独自の技法が用いられます。タイルの場合は、タイル間の隙間(目地)にモルタルや特殊な接着材を充填し、美しく、また耐久性のある仕上げを行います。

左官の仕事は、単なる壁作りにとどまらず、建物の美観や機能性を高める重要な役割を担っています。特に、熟練した左官職人は、その感性と技術で、建築物に独特の風合いを与え、長年にわたってその価値を高めることができます。このように、左官は単に壁を塗る技術を超えた、建築美学の一端を担う職業と言えるでしょう。

女性の左官職人の実情:大変な点とは?

女性の左官職人はまだ珍しい存在ですが、物理的な強さや特殊な技術が求められるため、女性には特に厳しい職業と言えるでしょう。

左官 向いてる人

左官に向いている人は、手先が器用で、粘り強い性格を持つ人です。また、技術を磨くための長期間の修行に耐えられる根気も必要です。

左官の年収事情

左官の年収に関しては、多くの要因により大きく異なることがあります。一般的な企業に雇用されている左官職人の場合、平均年収は国内の他の職種と比較して標準的な範囲内に収まることが多いです。具体的には、年収は約300万円から400万円程度が一般的ですが、これは地域や企業の規模、経験年数によって大きく変動します。

一方で、自営業として独立した左官職人の場合、年収は大きく異なり得ます。自営業者の年収は、個人の技術力、経営能力、顧客獲得の能力に大きく依存します。成功すれば年収1000万円を超えることも珍しくありませんが、逆に安定した仕事を確保できなければ収入が低下するリスクも伴います。

さらに、左官業界は近年、新しい建築材料の普及や建築スタイルの変化により、伝統的な左官仕事の需要が減少傾向にあると言われています。そのため、独立を目指す職人には、従来の技術だけでなく、新しい材料や技術に対応できる柔軟性と革新性が求められるようになっています。

総じて、左官の年収は、個々の職人のスキル、経験、市場の需要などにより大きく変動する可能性があるため、一概には言えないのが現状です。しかし、技術を磨き、市場のニーズに合わせて適応することができれば、左官としての職業は十分に報われるものと言えるでしょう。

自営の左官のメリットとデメリット

自営としての左官職人になることは、特有のメリットとデメリットを持ちます。最も大きなメリットの一つは、自由度の高さです。独立することで、自分の得意とする技術や特に関心のあるプロジェクトに専念できるようになります。例えば、伝統的な日本家屋の左官仕事や、現代建築の特殊な仕上げ技術に特化することも可能です。さらに、直接顧客とコミュニケーションを取り、そのニーズに応じたカスタムメイドのサービスを提供することで、顧客満足度を高めることができます。

しかし、独立することの大きなデメリットは、経済的な不安定さです。企業勤務の場合は定期的な給料が保証されますが、自営業者は仕事の受注量によって収入が大きく変動します。特に新規顧客の獲得やリピートビジネスの維持は、独立した左官職人にとって常に挑戦であり、ビジネスの成功には営業力と顧客管理のスキルが必須です。

さらに、自営業者は自身で健康保険や年金などの社会保障を管理する必要があり、これらの手続きは企業に勤める場合よりも複雑になり得ます。また、独立していると、休暇を取ることも自己の判断に委ねられるため、仕事と私生活のバランスを適切に管理することが重要です。

結論として、左官として自営業に進むことは、自分の技術と独立心を試す絶好の機会ですが、成功するためには高い技術力、ビジネススキル、そして経済的なリスクを管理する能力が求められます。

大成建設や鹿島建設の年収

大手建設会社で働く左官職人は、比較的高い年収を得ることが可能です。これらの企業では、安定した仕事量と福利厚生が提供されています。

家庭生活と仕事のバランス

左官を生業とする男性が家庭生活と仕事のバランスを取る上で直面するのは、不規則な仕事時間や休日の少なさです。家族との時間を大切にしつつ、安定した収入を確保するために、効率的な作業計画や時間管理が求められます。

左官年収5000万は可能?

左官で年収5000万円を稼ぐことは非常に稀ですが、不可能ではありません。特に独立して独自の技術やスタイルを確立し、高い評価を得ることができれば、大きな成功を収めるチャンスはあります。

左官やめとけ? 左官を選ぶ意思決定

  • 左官職人としての未来
  • 左官の魅力と挑戦:仕事の豊かさを再発見
  • まとめ:左官職人やめとけ⁉︎

「左官やめとけ」という言葉には、業界の厳しい現実が反映されています。しかし、それと同時に、左官職人としての誇り、技術の高さ、独自性を追求する魅力もあります。肉体労働であること、仕事量の変動、年収の不確実性など、さまざまな側面を考慮し、自分にとって最善の道を選ぶことが重要です。左官の世界は困難に満ちていますが、それを乗り越えたえた際の達成感は他の追随を許さないものがあります。最終的には、自分自身の価値観、ライフスタイル、キャリアへの望みに基づいて、左官職人としての道を選ぶかどうかを決めることが肝要です。

created by Rinker
¥3,300
(2024/04/19 14:42:17時点 Amazon調べ-詳細)

左官職人としての未来

左官職人としての未来を考える際には、単に現在の仕事量や収入だけでなく、長期的なキャリアパス、技術の習得と継承、職人としての自己実現を総合的に考慮する必要があります。また、個々の生活状況や将来設計に照らし合わせて、左官の道が自分に合っているかを見極めることが重要です。

左官の魅力と挑戦:仕事の豊かさを再発見

左官の仕事は、単なる建築作業以上のものを提供します。古くから受け継がれてきた伝統技術と、職人としての誇りを感じられる職業です。また、自分の技術が形となって残ることは、大きなやりがいとなり得ます。左官職人としての豊かな仕事の魅力を再発見し、挑戦する価値は十分にあるでしょう。

まとめ:左官職人やめとけ⁉︎

左官職人としてのキャリアは、単なる職業選択以上のものです。確かに、「左官やめとけ」という声は、この道の困難を示唆しています。左官の仕事は肉体的にも精神的にも要求が厳しく、安定した収入を保証されるものではありません。また、仕事の量も季節や建設業界の動向に大きく左右されることがあります。これらは、左官としての道を選ぶ際に考慮すべき重要な要素です。

しかし、それだけでは左官の仕事を語り尽くすことはできません。左官職人は、自らの手で美しい仕上がりを生み出すことにより、深い達成感と満足感を得ることができます。また、職人としての技術を磨き、独自のスタイルや芸術性を追求することは、多くの職業では味わえない特権です。そのため、自身の価値観や生き方に合った選択を行うことが重要です。

結論として、左官職人としての道は、困難と報酬が密接に絡み合った職業です。そのため、この道を選ぶかどうかは、個々の能力、情熱、目標に基づいて慎重に決定する必要があります。自分にとっての最良の選択を行うことで、左官職人としてのキャリアはより意義深く、充実したものになるでしょう。