ガジェット PR

【大学生必見】Surfaceをおすすめしない理由とメリットを紹介

大学生にとって、パソコン選びは大きな決断です。特に人気のあるSurfaceシリーズは、その高い価格やカスタマイズ性の低さなど、デメリットが指摘されています。一方で、Officeがプリインストールされている点やデザイン性の高さなど、メリットも見逃せません。この記事では、パソコンに詳しくない大学生でも理解できるように、Surfaceのデメリットとメリットを詳しく解説し、購入の意思決定をサポートします。

この記事を読んでわかること
  • おすすめしない理由
  • メリット

大学生にsurfaceおすすめしない理由

大学生にsurfaceおすすめしない理由

価格が高い

価格が高い

 

やめとけ
やめとけ
まだ何をするか明確では学生にこのスペックは必要ない…

Surfaceシリーズの一つの大きなデメリットはその価格の高さです。最も安価なモデルでも約10万円からスタートし、高性能モデルになると20万円を超えることもあります。大学生にとってこの価格は大きな負担です。

多くの学生は、予算内でできるだけ高性能なPCを求めていますが、Surfaceはその点で不利です。同じ価格帯であれば、他のメーカーからより高性能なモデルを購入することが可能です。

カスタマイズ性が低い

カスタマイズ性が低い

 

Surfaceシリーズのもう一つの問題はカスタマイズ性の低さです。購入時に選べるオプションは限られており、後からメモリやストレージを増設することはほぼ不可能です。例えば、Surface Pro 9では、CPUやメモリの選択肢が少なく、自分のニーズに完全に合ったスペックを選ぶことが難しいです。これに対し、他のメーカーのPCはカスタマイズの自由度が高く、購入後のアップグレードも容易です。

【サーフェス】壊れやすい問題、保証と対策を解説します「サーフェス壊れやすい」との噂の真相を探る。実際の故障事例、ユーザー体験談、サポート体制、保証内容まで詳しく解説。...

充電器の互換性が無い

イマイチ…
イマイチ…
持っていくのを忘れたら終わる…

Surfaceの充電器は独自規格を採用しており、他のデバイスと互換性がありません。これにより、充電器を紛失したり壊れたりした場合、新たに購入する必要があります。また、旅行や外出先で他のデバイスと共有して使えないため、不便です。一部の最新モデルではUSB-Cポートが採用されているものの、完全には解決されていません。

Surface Goのスペックが低い

やめとけ
やめとけ
ゆくゆくは動画編集などをしていくならやめたほうがいい機種です。

Surfaceシリーズの中でも特にSurface Goのスペックの低さが問題視されています。Surface Goは最も安価なモデルですが、CPUやメモリが他のモデルに比べてかなり低いです。

このため、複数のアプリケーションを同時に使用したり、動画編集や高解像度の画像編集といった重い作業には向いていません。結果として、購入後に後悔する大学生が多いです。

メモリ増設ができない

前述の通り、Surfaceシリーズはメモリ増設ができない設計です。これにより、将来的に必要となるかもしれない性能の向上が見込めません。特に大学生は、在学中に使用するソフトウェアや用途が変わることが多いため、メモリの増設ができない点は大きなデメリットです。

「レノボやめとけ」と言われる3つの大きな理由と製品の知識「レノボやめとけ」と検索しているあなたへ。スパイウェア混入からセキュリティリスク、維持費の高さ、故障しやすさまで、レノボ製品の真実を徹底解説します。...

広い作業スペースが必要

Surface Proなどのモデルは背面フラップが必要であり、広い作業スペースを要求します。カフェや図書館など、スペースが限られている場所での使用が不便です。これは、ノートパソコンのように自立しないため、特定の場所での使用に制約が生じます。

発熱しやすい

迷う…
迷う…
長時間使用する方にはおすすめできません…

Surfaceシリーズは発熱しやすいという問題も抱えています。特にZoom会議や動画編集など、PCに負荷のかかる作業をすると、すぐに温度が上がり、パフォーマンスが低下することがあります。このため、長時間の使用や高負荷の作業には向いていません。

逆に大学生がSurfaceを選ぶメリットとは

Officeがプリインストールされている

good
good
デフォルトで入っているのは大きい。

Surfaceシリーズの大きなメリットはMicrosoft Officeがプリインストールされている点です。これにより、ExcelやWord、PowerPointなどを追加費用なしで利用できるため、大学のレポート作成やプレゼンテーションに非常に便利です。Officeの利用頻度が高い大学生には、コスパが良い選択肢となります。

ペンタブとして利用できる

ペンタブとして利用できる

 

good
good
ノートみたいに使用できます。

Surfaceはペンタブとして利用できる点も魅力です。特にSurface Proはタッチスクリーンとペンの組み合わせで、手書きのメモやイラスト作成が可能です。これにより、講義中のノート取りやクリエイティブな作業がスムーズに行えます。紙とペンの感覚に近い書き心地も評価されています。

デザイン性が優れている

デザイン性が優れている

 

おすすめ
おすすめ
シンプルでスマートな印象。

Surfaceシリーズはデザイン性が非常に高いです。シンプルでスタイリッシュなデザインは、持ち歩いて使う際に見栄えが良く、所有欲を満たしてくれます。特にSurface Laptopシリーズは、カラーバリエーションも豊富で、自分の好みに合わせて選べる点が魅力です。

持ち運びがしやすい

持ち運びがしやすい

Surfaceシリーズは軽量で持ち運びがしやすい設計です。特にSurface GoやSurface Proは軽量で薄型のため、通学や移動中にも気軽に持ち運ぶことができます。大学生にとって、持ち運びのしやすさは大きなメリットとなります。

充実したサポート体制

Surfaceシリーズはマイクロソフトの充実したサポート体制が特徴です。購入後のトラブルや故障に対して迅速に対応してくれるため、安心して使用できます。また、Microsoft Completeという保証プランを追加することで、さらに長期間の保証を受けることが可能です。

サポートはこちら

学生割引が利用できる

マイクロソフト公式サイトから購入する場合、学生割引が利用できます。これにより、通常価格よりも安く購入することができ、大学生にとっては大変お得です。割引率は約10%となっており、高額なSurfaceシリーズを少しでも安く手に入れるチャンスです。

以上のように、Surfaceシリーズにはおすすめしない理由と、大学生にとってのメリットがあります。自分の使用目的や予算に応じて、最適な選択をすることが重要です。

【まとめ】

【大学生必見】Surfaceをおすすめしない理由とメリットを紹介

 

  • 価格が高い: 最も安価なモデルでも約10万円からで、大学生には負担が大きい。
  • カスタマイズ性が低い: 購入後のメモリやストレージの増設が難しい。
  • 充電器の互換性が無い: 独自規格の充電器を使用し、他のデバイスと共有できない。
  • Surface Goのスペックが低い: 複数のアプリを同時に使用するには不向き。
  • メモリ増設ができない: 将来的な性能向上が見込めない。
  • 広い作業スペースが必要: 背面フラップのため、限られたスペースでの使用が不便。
  • 発熱しやすい: 高負荷の作業でパフォーマンスが低下しやすい。
  • Officeがプリインストール: 大学のレポート作成やプレゼンに便利。
  • ペンタブとして利用可能: 手書きメモやイラスト作成に適している。
  • デザイン性が優れている: シンプルでスタイリッシュ。
  • 持ち運びがしやすい: 軽量で通学や移動中に便利。
  • 充実したサポート体制: マイクロソフトの迅速な対応と学生割引が利用可能。