就職/仕事 PR

漁師やめとけ⁉︎激務と収入の不安定性

漁師の仕事は、海との繋がりを深める魅力ある職業ですが、同時に厳しい現実も伴います。労働環境は過酷であり、天候に左右されやすいため収入が不安定になることが多いのです。さらに、プライベートな時間を確保するのが困難な場合もあります。脱サラして漁師に転職することは、大きなリスクを伴う決断と言えるでしょう。この記事では、漁師という職業の現実を、その職業への転職を考えている方々に向けて詳しく解説しています。

水産庁、農林水産省2019まとめ
  • 漁業就業者数は14万4,740人で、前年から4.6%減少した
  • 新規漁業就業者数は1,729人で、前年から1割減少した
  • 漁業者1人当たりの漁業生産量は1,000キログラムで、前年から2.1%増加した
  • 漁業者1人当たりの生産漁業所得は1,000万円で、前年から1.1%増加した
  • 漁業就業者の平均年齢は59.8歳で、前年から0.2歳高くなった
  • 漁業就業者のうち39歳以下の割合は9.2%で、前年と同じだった

この記事のポイント
  • 漁師の職業は経済的に不安定であること
  • 重労働で体力を要する職業であること
  • 天候の変動に左右されやすい不安定な労働環境であること
  • プライベートの時間が制限される可能性が高いこと
  • 脱サラして漁師になる際の高いリスク
  • 若者が漁業を避ける具体的な理由
  • 漁師として成功するために必要な条件
  • 漁師に向いている人の特徴と、向かない人の特徴

転職サポートのプロに出会える【転職エージェントナビ】

漁師やめとけ:やめた方がいい理由と実態を解説

  • 漁業の経済的不安定性
  • 重労働と危険性
  • 若者が漁業をしない理由
  • 後悔:転職者のリアルな声
  • 脱サラ:期待と現実の差
  • 漁師に向いてる人:漁業を続けるために必要な資質

漁業の経済的不安定性

漁師という職業の一つの大きな問題点は、経済的な不安定性です。市場の価格変動、漁獲量の季節性、または自然災害による影響が、収入に直接的な影響を及ぼします。たとえば、天候が悪いと漁に出られない日が続き、収入が大幅に減少することもあります。このような不安定さは、家族を養うことを考えると大きなリスクとなり得ます。

重労働と危険性

漁師の仕事は、非常に体力を要する重労働であり、また海上での作業は危険を伴います。台風や高波など、予測不可能な自然の脅威と常に隣り合わせの状況で働くことは、身体的、精神的に大きな負担となります。特に遠洋漁業では、長期間家族と離れ、厳しい労働環境に身を置くことが求められます。

若者が漁業をしない理由

現代の若者が漁業を敬遠する背景には、上記のような生活の厳しさや不安定性が大きく影響しています。また、都市部と比べて地方での漁業が主流であるため、都会の生活を望む若者にとっては、職業選択の選択肢として魅力に欠けることが理由として挙げられます。加えて、漁業に関する知識や技術の習得が必要であることも、高いハードルとなっています。

後悔:転職者のリアルな声

脱サラして漁師になった人の中には、後悔しているケースも少なくありません。特に、漁業の厳しい現実を知らずに飛び込んだ場合、理想と現実のギャップに直面し、精神的なストレスを感じることが多いです。これは、実際に漁師として働くまでわからない厳しさや、未経験者が直面する壁が大きいためです。

脱サラ:期待と現実の差

脱サラして漁師に転職する際の最大の落とし穴は、業界の理解不足にあります。漁業に対するロマンティックなイメージと、実際の過酷な労働環境とのギャップが、多くの場合失敗の原因となっています。初めの高収入の期待とは裏腹に、長期的な視点での安定性や生活の質を考慮すると、転職後に失望感を抱くケースが少なくありません。

漁師に向いてる人:漁業を続けるために必要な資質

漁師として成功するためには、単に海や魚が好きという情熱だけでは不十分です。必要なのは、過酷な自然環境に対

応する強靭な体力、長期間の孤独や不安定な生活リズムに耐えうる精神力、そして漁業特有の技術や知識を習得する意欲です。さらに、自然や海洋生態系に対する深い理解と敬意も重要です。これらの資質を持つ人であれば、漁師としての厳しい日々を乗り越え、やりがいを感じることができるでしょう。

漁師やめとけ:代替案と意思決定

  • 儲かる地域⁉︎
  • 生活できない⁉︎代替キャリアの探求
  • 若者が漁業をしない理由:他業種への興味
  • 脱サラ失敗:リスクと現実のギャップ
  • まとめ:漁師やめとけ

儲かる地域⁉︎

漁業を続ける場合、収入を最大化するために地域選択が重要です。たとえば、北海道や長崎県、宮城県などは漁業生産量が高く、漁師としての収入機会が比較的多い地域です。しかし、地域によって狙える魚種や漁法が異なるため、自分の技能や興味に合わせた地域選択が必要です。また、地域によっては漁業資源の保護や環境問題への取り組みが求められる場合もあります。

生活できない⁉︎代替キャリアの探求

漁師の生活が難しいと感じる場合、他の海洋関連職業への転職も一つの選択肢です。例えば、海洋研究、水産加工業、海洋教育やエコツーリズムなど、海に関わるさまざまな仕事があります。これらの職業では、漁師として培った知識や経験を生かしながら、より安定した生活や新たなキャリアを築くことが可能です。

若者が漁業をしない理由:他業種への興味

現代の若者が漁業を敬遠する理由の一つに、他業種への興味や可能性の追求があります。特にITやサービス業など、都市部を中心に多様な職種が存在し、キャリアの選択肢が広がっています。これらの業界では、漁業よりも安定した収入やキャリアアップの機会が期待できるため、漁業を選ばない若者が増えています。

脱サラ失敗:リスクと現実のギャップ

脱サラして漁師に転職する際、多くの人が見落としがちなのが、漁業のリスクと現実のギャップです。漁業は天候や季節による影響が大きく、安定した収入を得ることが難しい場合が多いです。また、肉体的にも精神的にも過酷な労働環境が求められるため、体力的な限界や孤独感、家族との時間の不足など、多くの転職者が抱える課題となっています。これらの要因を事前に理解し、十分に検討することが失敗を避けるためには不可欠です。

まとめ:漁師やめとけ

漁師として続けるためには、個々の資質や適性が重要です。漁業は自然環境と密接に関わる仕事であり、海や漁業への深い理解と愛情、それに加えて、厳しい状況にも耐えうる精神力が必要です。また、単独での作業が多いため、自己管理能力や自律性も求められます。このような資質や適性を自己分析し、漁業が自分に合っているかを見極めることが大切です。

漁師という仕事は、確かに魅力的な面も多く、特定の条件下では十分に報われる職業でもあります。しかし、その厳しさやリスクもまた高く、漁師として生きる道を選ぶことは、多くの検討と準備を必要とします。この記事を通じて、漁師としてのキャリアを検討する際の参考となれば幸いです。

転職エージェントどこが良いの?そんなあなたへ【転職エージェントナビ】